新型コロナ初診者ResQ オンライン診療の窓口案内

新型コロナウイルスの影響で医療現場で従来の対応が追い付かず、保健所でさえ電話対応能力を上回る問合せを受けており、医療機関で受診してもらう前に自宅で命を落とす事態も生じています。

新型コロナウィルスの初診が受けられない方を一人でも減らす事が緊急の課題となっています。

COVID-19-ResQプロジェクトは、オンラインで初診を受付し診療を行えるサービスを提供します。

当面、対応は日中に限定させていただきます。

IEとEdgeは使えません。Firefox, Chrome, Safariをご利用下さい。

当サービスご利用の方はこちらのリンクより申込を頂けます。その際は簡単な連絡先、診療に必要な情報を記入したうえで、(1)ご都合の良い時間帯と(2)対応可能な医療施設に所属する医師をお選びください。

医師からお電話いたします。(※施設へのお電話はご遠慮ください。電話回線が限られているためご理解ご協力よろしくお願い申し上げます。)

下記は当サービスの特徴です。

特徴①:オンライン診療申込が自分の都合で申し込めます。パソコンやスマートホンさえあれば簡単に行えます。オンラインで申し込む際に症状や持病の有無を選択式とテキストで記入してもらうため、来院の際の問診票の記入も不要で、お医者さんもの事前に閲覧し診察がスムーズになります。

特徴②:初診希望者が受診可能なお医者さんと時間帯が選べます。当サービスに賛同してもらっているお医者さんと受診可能な時間帯が選択できます。

特徴③:オンライン申込サービスは申込者に追加料金が発生しません。診療料金の一環で当サービスが運営されています。

特徴④:申込者の個人情報は守られています。申込者が提供する情報は診察のために使われます。一部の症例は今後の医療対策のために匿名で統計的な分析に用いる場合がございます。

特徴⑤:診療を受けた後の症状のフォローも可能です。新型コロナウィルスの新たな症状が刻々と報告されているため、初診の結果に応じて申し込んだのと同様に患者さんに問診の特定項目を定期的に入力してもらい、該当する症状を参考にその容態の確認が早急に出来るメリットもあります。

特徴⑥:診療の際に院内感染する恐れがございません。オンライン診療は診察の際に発生しかねない院内クラスター感染を防ぐ効果も期待できます。

注意点:

重態の方は当サービスを利用せず、直接救急車を要請する事をお願いします。

当サービスは必ずしも希望時間に診療が受けられる事を保証するものではございません。夜間対応はいたしかねますので、救急車の要請をお願いします。

新型コロナウイルス感染症オンライン診療窓口 設置趣意

私たちは昨今のコロナ禍を受け、世界から集まるデータに裏付けされたAIの力で医療崩壊を回避し、新型コロナウイルス感染症の患者さんを一人でも多く救おうと診療と研究を並進させる仕組みを提供し医師・研究者等と共に活動しています。

オンライン診療サービスで非接触診療を支援すると共に、診療を通じて得たリアルワールド・ビッグデータを解析し限られた医療設備を最大限に生かすために重症度・重症化速度をAIで示し患者さんのトリアージを支援する仕組みの解析精度の向上を目指しています。


現在、皆さまのご努力により第1波は収束に向かいつつあります。

しかし、保健所などは医療転換施設を含む診療体制の確立された施設に収容する必要性の高い患者さんとのコミュニケーションに注力すべきところが、依然としてそのような集中ができない状態です。


また、療養施設等に収容した患者さんを濃厚接触しながら医療サービスを提供することは非常に高コストです。

療養施設等に収容した患者さんへの対応を一定水準以上に保つためには、客観的なバイタルサイン・データを収集する仕組み・経過観察(セルフチェック)を収集する仕組みを備えつつ専門性の高い諸先生によるオンライン診療による非接触の医療ケアが必要ではないかと考えています。

完全な仕組みが整っていない現状ではありますが、手をこまねくことなく現状有姿で立ち上げ、急速な追完・法整備・施設整備を待ちたいとの思いです。

この趣旨にご賛同いただいた諸先生の協力により本オンライン診療を運営してまいります。